ブログ

駐車場内の事故に気をつけましょう!

カテゴリ: その他

駐車場で急に車や人が飛び出してきてヒヤっとした経験はありませんか?

今回は駐車場での事故を防ぐために注意すべき点を紹介していきたいと思います。

 

~駐車場内を走行するときの注意点~

・十分な車間間隔をとりすぐに止まれる速度で走行しましょう。

駐車場内では車が急に動き出したり、人が飛び出してきたり、前の車が急にバックしてくることがあります。そのため、車間距離を十分保ち、すぐに止まれる速度で走行することが大切になってきます。

・通路が交差するところでは一時停止しましょう。

駐車場内では走行順路を守り、通路が交差するところでは一時停止して安全を確認しましょう。

 

~駐車スペースに止めるときの注意点~

・バックして駐車するときはハザードランプを点け一時停止しましょう。

バック駐車するときは後続車に駐車する意思を伝えるためにハザードランプを点け一時停止し、周囲の安全を確認してから駐車しましょう。また、駐車しようとしているスペースの隣の車に運転手が乗っていたらその車の動向にも注意しましょう。

・十分な安全確認と、運転操作を焦らず正確に行い、いつでも止まれる速度で停車しましょう。

バックして駐車する前に駐車スペース内の状況を十分に確認しましょう。バック時は、安全確認、ハンドル操作、ペダル操作などをひとつひとつ丁寧に行いましょう。ペダルの踏み間違いを防ぐために足はブレーキペダルにおいてゆっくりバックしましょう。

 

~出庫するとき~

二段階停止を行い、目視で安全確認をしましょう。

出庫時の二段階停止とは、まず車の先頭を少し通路に出したところで一旦停止し、周囲の車や歩行者に自分が出庫することを知らせます。次に周囲の安全が確認できるとまで前進させ再び停車し、周囲の安全確認を行うことで事故を防ぐことができます。

 

以上のポイントを意識して駐車場内での事故を防止していきましょう!

あけましておめでとうございます!

カテゴリ: その他

今年もよろしくお願いします!

 

毎日厳しい寒さが続いていますが皆さんいかがお過ごしですか?

冬の運転では以前紹介した路面凍結以外にも気をつけなければいけないポイントがあります。お昼過ぎの時間帯から西日がまぶしくて運転に支障が出た経験はありませんか?

 

実は冬の西日がまぶしい時間帯は夏に比べて1.5倍も多いのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西日は普段見通しの良い道路や赤信号を視認しづらくなり、交通事故の発生確率を高める要因となります。

西日の対策としてはサンバイザーを下げたり、サングラスをかけるのが有効になってきます。しかしサンバイザーは西日が低い位置にある時はそれに合わせて下げなければなりません。その為高い位置にある信号が見にくくなり信号を見落とす危険性があります。また、太陽の位置が低いと先行車や道路の反射光などの雑光も多くなってくるので偏光サングラスがおすすめです。サングラスなどがない場合は太陽によって見にくいと感じたらすぐに速度を落とすことも事故防止の大切なポイントになります。ただし、急な減速をすると後続車に迷惑がかかるので緩やかに減速することを意識しましょう。前方がまぶしい場合は後続車も同じ状況にあります。ブレーキペダルを踏み、ブレーキランプを点灯させることで追突のリスクを減らすことができます。

西日を背に走行する場合は周囲が明るくてもヘッドライトをつけて対向車に自車の存在をアピールすることも大切になってきます。

 

最近でも西日の眩しさで交通事故が発生したニュースがありました

 

特に秋冬は西日の対策をしっかり行い交通事故を未然に防ぎましょう。

交通事故から身を守るために

カテゴリ: その他

山梨県警察本部によると山梨県内の上半期に発生した交通事故件数は2236件で前年の同じ時期より124件増えたそうです。このうち高齢者(65歳以上)の事故は632件で全体の28%を占めています。交通死亡事故は14人でそのうち高齢者は5人に上り、3人に一人が高齢者となります。

その原因のほとんどが横断中の事故でした。

山梨県は車社会かつ、高齢者の割合が多いことから高齢者の交通事故が多いと思われます。

 

 

交通事故から身を守るために

 

安全行動・・・信号機のある交差点や横断歩道のある場所を横断するように呼びかけましょう。

 

確認行動・・・横断するときは左右を確認し手を挙げて運転手にわかるようにしましょう。また、横断中も左右の安全確認を行いましょう。

 

安心行動・・・夕方、夜間は反射板を身に着けましょう。

 

 

 

運転手の方も見る」「止まる」「ゆずるを徹底して交通事故防止に努めましょう!

スリップ事故防止について

カテゴリ: その他

厳しい寒さが続きますがいかがお過ごしでしょうか。この時期に気をつけなければならないのが車のスリップ事故です。雪によるスリップ事故・雨や霜が凍結することによるスリップ事故が毎年発生しています。スタッドレスタイヤの装着などを早めに行いタイヤの性能を過信せず運転することが大切です。今回はスリップ事故を防ぐために注意すべきポイントを紹介したいと思います。

 

 

橋の上・・・橋の上は地面に接してない為、気温が下がりやすく凍結しやすい場所となっています。

 

日陰・・・降雪後に雪が解けずに残っている場合や、雪解け水や霜が凍りやすくなっている為危険なポイントとなっています。

 

カーブ・・・積雪や凍結で道路が滑りやすくなっているとカーブの遠心力で外側へ滑ってしまうことがあります。

 

坂道・・・下り坂、上り坂ともに危険なポイントがあります。

下り坂ではブレーキを頻繁に使うと車体をコントロールできなくなる可能性があります。エンジンブレーキを活用して減速しましょう。上り坂ではアクセルを急に踏むとタイヤが空転することがあるので慎重に捜査しましょう。

 

交差点・・・交差点は交通量が多い影響で雪が圧雪されアイスバーンになりやすい場所になります。

 

トンネルの出入り口・・・目の明暗順応の遅れにより前方が見にくい上、風の影響があり出入り口付近は路面が凍結しやすくなっています。

 

 

路面凍結時の運転のポイント

 

先ほど紹介したポイントでは事故が多発しています。車の速度を十分に落として走行しましょう。万が一スリップしてしまっても急ブレーキ、急ハンドル、急アクセルはせず、落ち着いて状況を判断し、タイヤのグリップ力が戻ってきたら少しずつタイヤを戻していきましょう。しかし大きくスリップしてしまった場合はそのままではスピンしてしまう危険性があります。このような状況には「カウンターステア」という操作が有効です。例えば後輪が左に滑ったらハンドルをゆっくり左に切り、後輪が右に滑ったら右にハンドルを切るというように後輪が滑った方向と同じ方向にハンドルを切ると車体が安定し徐々にタイヤのグリップ力が回復していきます。

以上のことを踏まえ冬のスリップ事故を無くし、厳しい寒さを乗り越えましょう!

過ごしやすい気候になりました(^▽^)

カテゴリ: その他

暑さも落ち着き、過ごしやすい気候になりました!

近所をお散歩をしたり、自転車に乗ってサイクリングに行こうと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

実は歩行者・自転車のちょっとした外出時の交通死亡事故が多いのはご存知でしょうか?

 

歩行者・自転車の交通死亡事故発生件数は全体の約半数を占めているのです。歩行者の交通事故の原因は急な飛び出し、信号無視が多く、自転車の場合は前方不注意、安全不確認が多いです。また、令和2年の歩行者・自転車の死亡交通事故件数は約半数が自宅から500m以内の生活道路で発生しています。

このことから自宅周辺の通り慣れた道路での交通死亡事故が多いことがわかります。慣れている道路という事もあり「大丈夫だろう」と安全確認を怠ることが交通事故につながりかねません。特に小学生や、高齢者の事故が多い傾向にあります。小学生は学年が低くなるほど多くなります。保護者の方は交通ルールを繰り返し教えてあげることで子供が危険な場所、行動を理解し事故を未然に防ぐことができます。

 

 

また、歩きスマホや周囲の音が聞こえないほどの音量のイヤホンを装着しての歩行、自転車の運転は事故の危険性を非常に高めるのでやめましょう!

暑さも落ち着いてきました(⌒∇⌒)

カテゴリ: その他

10月に入り、暑さも落ち着いて過ごしやすい気候になりましたね。近所をお散歩をしたり、自転車に乗ってサイクリングに行こうと考えている方も多いのではないでしょうか?実は歩行者・自転車のちょっとした外出時の交通死亡事故が多いのはご存知でしょうか?

 

 

歩行者・自転車の交通死亡事故発生件数は全体の約半数を占めているのです。歩行者の交通事故の原因は急な飛び出し信号無視が多く自転車の場合は前方不注意安全不確認が多いです。また、令和2年の歩行者・自転車の死亡交通事故件数は約半数が自宅から500m以内の生活道路で発生しています

 

 

 

このことから自宅周辺の通り慣れた道路での交通死亡事故が多いことがわかります。慣れている道路という事もあり「大丈夫だろう」と安全確認を怠ることが交通事故につながりかねません。特に小学生や、高齢者の事故が多い傾向にあります。小学生は学年が低くなるほど多くなります。保護者の方は交通ルールを繰り返し教えてあげることで子供が危険な場所、行動を理解し事故を未然に防ぐことができます。

 

 

また歩きスマホや、周囲の音が聞こえないほどの音量のイヤホンを装着しての歩行や自転車の運転は事故の危険性を非常に高めるので注意が必要です。

9月も車の運転には注意が必要です!

カテゴリ: その他

9月になると、少しずつ秋が近づいてきますね!

皆さん、秋になると交通事故が増えることを知っていますか?
秋はそんなに交通事故が起こらないと油断している人も多いはずです。
しかし、そこに落とし穴があります。


秋に近づくにつれ日没の時間が早くなっていきます。日没の時間が早くなるにつれて夕方の交通事故が増加する傾向があります。
運転している側としては「まだ薄暗いから」とライトをつけるのが遅れてしまうと歩行者を見落としてしまいます。
そうした行動が夕方の交通事故につながるおそれがあるのです。

このような事故を防ぐために私たちできることを紹介します!

 

周りが薄暗くなる前からヘッドライトを点灯しましょう。

 特に繁華街では周囲が明るいためヘッドライトを点灯するのが遅くなりがちになります。

 

反射材・ライトを積極的に活用しましょう。

歩行者や自転車利用者は反射材やライトを使うのが効果的です。

 

歩行者や自転車からは車の存在がわかっていてもドライバーは歩行者や自転車を視認できていないことがあります。身を守るためにも積極的に活用していきましょう!

 

山梨県では

9月21~30日

秋の交通安全運動が始まります

 

改めて交通安全の意識を持ち、無事故・無違反を心がけましょう。

急な雨にも要注意です!

カテゴリ: その他

この時期はゲリラ豪雨が多くなってきます。

雨の時の運転は危険がたくさん潜んでいるのはご存知でしょうか?

 

1.雨によって視界が悪くなる

雨が強くなるほど見通しが悪くなります。

 

2.フロントガラスに雨粒がつくことで視界が悪くなる

フロントガラスに雨粒がつき、視界が悪くなります。特に夜は雨粒に光が反射してさらに見えにくくなります。

 

3.雲が多く空が暗くなるので朝や昼間でも対向車が見えにくくなる

周囲が薄暗くなるので視界が悪くなったときは時間に関係なくライトをつけましょう。ライトをつけることは自分の存在を周囲に知らせることにもつながります。

 

4.フロントガラスが曇りやすくなる

湿度が上がり結露が発生しやすくなります。エアコンを使うなどして対策をしましょう。

 

5.路面が滑りやすくなるので、車が止まるまでに時間がかかる

雨の日は晴れの日に比べ制動距離が1.5倍になるため交通事故が起きやすくなります。

 

歩行者も視界が悪くなるので、いきなり歩行者が飛び出してくる危険性がある

視界が悪いのは歩行者も同じです。ヘッドライトをつけて自車の存在をアピールしましょう。

 

このようにさまざまな危険が潜んでいます。

 

雨の日に交通事故を起こさないためにも、車間距離をいつも以上に開けて、スピードの出しすぎに注意しましょう。

もし交通事故にあってしまったら・・・

カテゴリ: その他

車社会の山梨県では、車を運転することは日常茶飯事です。

 

 

車を運転していると

・ヒヤッとする場面

・事故をしてしまった

・事故をされてしまった

等の経験をされた方は多いのではないでしょうか。

 

万一、交通事故に遭ってしまった場合に知っておくと良い情報を紹介したいと思います。

 

 

➀交通事故治療は接骨院でも可能です。

当院では、交通事故で受けたムチウチや、手足のしびれなどに対して一人ひとりに適した施術で痛みを改善していきます。交通事故によるケガは身体に大きな衝撃が加わるので様々な不調が現れてきます。早期回復につながるようすぐに治療を開始しましょう。

保険会社とのやり取りも全面的にサポートいたします。

 

②痛みや違和感があった場合には早めに施術を開始してください。

事故から施術開始までの間隔があくと、事故とケガの関係が否定され施術費用が全額自己負担になる可能性があります。

 

③病院(整形外科)を受診しましょう。

整形外科医に痛みのある場所、痛みの程度などを正確に伝え、診断書に正確な記載をしてもらいましょう。

当院で整形外科のご紹介も行っております。

 

④早めに必要な検査を受けましょう。

早い段階でMRI検査などを受けていないと、その後症状が悪化した場合、事故との関係性がない、軽症案件であると誤解され、適切な施術や賠償が受けられない恐れがあります。

 

 

 

その他にも

 

加害者

 

自損事故

 

無保険事故

 

ひき逃げ

 

などでお困りの方は当院でご相談ください

 

当院では交通事故に強い弁護士法人心さんと提携しているのでトラブルが発生した際も無料相談ができ、適正なアドバイスを貰うことができます。

 

万一の交通事故で適切な施術・賠償を受けられず後悔しないためにも当院で正しい知識でサポート+施術を致します!!

追突事故には気をつけましょう

カテゴリ: その他

長かった梅雨も明けて本格的に暑くなってきました。

コロナ禍でなかなか外出できないご時世ですが、夏休みやお盆休みを控え車でお出かけや帰省しようと考えている方も多いと思います。しかしこの時期に増えてくるのが高速道路での追突事故です。

 

警察庁の調べによると、コロナ禍以前の過去4年間の高速道路における人身事故を類型別でみた場合「追突」が70%以上を占めています。また、コロナ禍により交通量が減少した昨年中でも、追突が66%を超えて最多となったそうです。高速道路での追突事故で最も多いのは、渋滞等により停車している車両への追突になります。

 

一年の中で追突事故が多いのが交通集中による渋滞が多いゴールデンウィーク中、お盆休み、年末の時期になります。交通集中により渋滞の発生しやすい箇所は地形などが関係しており、上り坂やサグ部(緩いV字型の地形で、下り坂から上り坂に差し掛かる場所)が最も多くなっています。上り坂に差し掛かったことに気づかないドライバーが、アクセルをそのままの状態で走行しているため速度が低下し、後続車との車間距離が縮まるため渋滞が発生します。このような場所には渋滞ポイント標識などが設置され始めているので、事故防止のために速度を低下させないように心がけることが大切です。また、渋滞の末尾では後続車の追突事故を防ぐためにハザードランプを点灯させましょう。

 

追突事故を防ぐには運転に集中し、しっかり前を見て十分な車間距離を保つことが基本になります。例えば時速100kmで高速道路を走行する場合、1秒間で約28m、5秒間で約140mも進みます。その為、何気ない脇見が命の危険に直結してしまいます。

追突事故を発生させないためにドライバーは前車との車間距離を2秒以上開け走行することが大切です。雨の日の場合は4秒以上開けることを心がけましょう。

万一、高速道路上で事故や故障が起き、やむを得ず停車しなければならないときは二次的な事故を起こさないことが重要になります。このような状況になった時の対応を紹介します。

 

 

 

ハザードランプを点灯させ、路肩に停車

後続車の追突を防止するためにハザードランプを点灯させながらゆっくり路肩に停車しましょう。

 

 

 

車の後方に発煙筒や停止表示器材を設置

路肩に停車したらガードレールの外などを通り車の後方まで行き、後続車に注意しながら発煙筒や停止表示機器を設置してください。

 

 

引き続き安全な場所への避難

ドライバー、同乗者共に路肩や車内に残らずガードレールの外など安全な場所へ避難してください。

 

 

発生した事故・故障の状況の通報

高速道路での緊急通報先:警察「110」、道路緊急ダイヤル「#9910」に安全な場所から通報しましょう。

施術時間(交通事故患者様の場合)

【施術時間】(交通事故患者様の場合)
【月~金】
8:00~21:00
【土・祝】
8:00~13:00

【定休日】

所在地

〒400-0805
山梨県甲府市
酒折2-11-21
ガトーソレイユさんの隣

055-288-0640

お問合せ・アクセス・地図

PageTop