バック時は危険がたくさんあります!

カテゴリ: その他

前回駐車場内の交通事故について紹介しましたが、今回は車のバックについて深堀していき、駐車場内や、車道での注意点を紹介していきたいと思います。

バック事故の発生件数は駐車場内が最も多く、それに続いて直進道路やカーブ、トンネル内などの単路でも発生しています。それぞれの場所で事故の相手は四輪車が最も多いですが歩行者に気づかず接触してしまうと重大事故になりかねません。特に小さい子供は背が小さく運転手の視界に入りやすいため注意が必要になります。

 

 

 

駐車スペースにバックで注射する際の注意点

・入庫操作を行う前に周囲の安全確認を行いましょう。

駐車スペースに障害物、歩行者はいないか、両隣の車が出庫しようとしていないかなどの確認をしっかり行いましょう。

・バック中も安全確認を怠らないようにしましょう。

周囲にバックすることを伝えるためにギアをバックに入れた後一時停止しましょう。死角の多い場所、暗い場所、導線の多いところではハザードランプを点滅させる方法もあります。

・後方を目視しやすいようにシートベルトを外し、窓を開けましょう。

ミラーで確認のしづらい後方部分や、周囲の障害物、歩行者を必ず目視で確認しながらバックしましょう。

道路に面している駐車場からバックで出るとき

・ギアをバックに入れるとバックライトが点灯しますが、歩道や、車道側からは視認しにくく、そのままバックすると交通事故の原因になってしまいます。その為バックで車道に出る場合は歩行者や車の流れが途切れるまで待つ必要があります。

車がこれからバックすることを伝えるために少しだけバックしましょう。

・歩道を通行する歩行者やがいないことを再度確認しゆっくりと車道の手前まで後退しましょう。

・車道を車やバイクが走っていないことを確認しゆっくりとバックしましょう。

車をバックさせる際には様々な状況に応じて気を付けるポイントがたくさんあります。一つ一つ安全確認を怠らず、交通事故を防ぎましょう!

施術時間(交通事故患者様の場合)

【施術時間】(交通事故患者様の場合)
【月~金】
8:00~21:00
【土・祝】
8:00~13:00

【定休日】

所在地

〒400-0805
山梨県甲府市
酒折2-11-21
ガトーソレイユさんの隣

055-288-0640

お問合せ・アクセス・地図

PageTop